学科試験と合格率

気になる合格率

原付の合格率

平均30%くらい

10人中7人が不合格となります

「原付試験は簡単」
「誰でも合格できる」
という考え方はもう古い!

はっきり言って
間違っています

原付学科試験の平均合格率は30%~50%と言われています。
実際、千葉県での平均合格率は30%ほどです。
下のサイトに毎日の合格率をアップしていますので、ご確認ください
これが『現実』です

原付の合格率


過去に普通車などの免許を取得していたが失効や取り消しで運転免許を失い、
とりあえず原付免許を取得したい

過去に運転経験豊富な方が意外にも不合格になるケースが多いのです

なぜなのでしょう?忘れているから?

もちろんそれもあるでしょう。しかしそれだけではありません。試験の解き方、勉強方法があるのです!⇒詳しくは「お薦めする勉強の方法」ページをご覧下さい。

試験の流れ

受付時間

(千葉県の場合)
   8:30~9:30

※2021年4月より試験実施方法が変わります
千葉運転免許センターでは月・水・金
流山運転免許センターでは火・木

【関連サイト】千葉県警察によるお知らせ

試験時間

約30分 マークシート式

合格発表

(千葉県の場合)
   10:40前後

試験内容

文章問題 40問(各1点)
標識問題 6問(各1点)
危険予測問題 2問(1問につき3題 完答2点)
計50点満点  45点以上で合格

出題内容

一体どのような問題が出題されるのか?気になりますね。
具体的に紹介しましょう。

文章問題

基本的な常識問題から、交通ルールに至るまで幅広い内容の問題が出題されます。
運転するにあたって心得ておかないとならないこと、また安全に運転するために必要な知識がここで問われます。

標識問題

実際に運転するときに「知らない、わからない」では困る標識。道路には必ずあるものですから、それぞれの標識の意味をしっかりと勉強する必要があります。

危険予測問題

別名「イラスト問題」
安全運転をするためには、いつでも危険を感じながら正しい行動を行わなければなりません。
その「危険予測」ができるかどうかを判断する問題です。

一回で合格を目指すには

原付の合格率

お薦めの勉強方法

Translate »